乾燥肌におすすめの化粧下地選びのポイント

乾燥肌の人にとって、お化粧をすることが悩みとなってしまっている人もいるかもしれません。乾燥肌にお化粧をすると、粉が吹いたような仕上がりとなってしまったり、化粧のノリが悪かったり、すぐに化粧が崩れてしまうという悩みが尽きないためです。そんな乾燥肌だからこそ、化粧下地はきちんと使って悩みを解決してください。乾燥肌の人におススメの化粧下地は保湿効果が高く、UVカット効果のある化粧下地です。保湿が行われることで、肌のバリア機能の低下も防げ、UVカット効果で更なる乾燥を防いでくれます。乾燥肌であるならばそれ以上の乾燥を防ぐことも大切です。また、特にパウダータイプのファンデーションは肌の乾燥を招きやすいので、化粧下地を利用しない。という選択肢もNGです。化粧下地がファンデーションを密着させてくれるので、粉吹きや化粧崩れも予防できるでしょう。化粧下地を上手に利用することで、薄化粧も実践可能のです。薄化粧であれば肌の負担を軽減させることができますし、これ以上の乾燥も予防が出来るでしょう。乾燥肌だからこそ、化粧下地を使ってくださいね。

乾燥肌対策入浴剤

目の下のたるみ軽減に役立つコスメ

年齢とともに目の下がたるんでくるのは、ある意味仕方ない事といえます。
しかし日頃の適切なケアによって、目の下のたるみは軽減することができます。

そのために役立つコスメは、現在数多く販売されているのです。
働きとしては、たるみの原因となっている肌内部のコラーゲン減少を
外部から補うことで少しでも食い止める事があります。

またコラーゲンの密度を維持するための有効成分を、
目の下のたるみに与えるのも重要な働きです。
具体的な成分名としては、ビタミンC誘導体やレチノールがあります。

こういった成分を含むコスメを定期的に使用することで、
目の下のたるみは徐々に軽減されるのです。

その他に基本的な肌の潤いを補給する、保湿成分が含まれていることも、
大切なポイントといえます。

目の下のたるみ対策用の化粧品はローションや乳液をはじめとして、
さまざまなタイプが発売されていますが、美容液やクリームといった
濃厚なアイテムを使用するのがより効果的といえます。
毎日の習慣として欠かさずケアすることも、重要なポイントです。

目の下のたるみを軽減するコスメを購入するなら、ネットでさまざまな化粧品を検討して、
より自分に合う、長く愛用できる商品を購入するのが大切といえます。

目の下 しわ

妊娠線ができはじめる時期

妊婦にとって妊娠中に出来る妊娠線は、可能な限り出来て欲しくないものです。
一般的に妊娠線は妊娠後期にできると言われています。時期としてはやはり冬から春に出産予定日を迎える場合、妊娠後期が乾燥する冬にあたってしまうのでこの時期が多いかと思います。
最近では妊娠線予防として、安定期に入った頃から予防に良いとされているボディオイルやボディクリーム、シアバター等を使う人が多いです。この場合、こういったボディケア用品は香りが強いので妊婦でも使えるもので、香りで酔って気分が悪くならないように気をつけることが大切です。
そして、妊娠9ヶ月頃「ここまで来て、妊娠線が出来なかったからもう大丈夫」と安心しないことです。妊娠中、最後の一ヶ月は痩せていた胎児も自身の体の器官を備え、産まれ出るために体重を増やしてゆきます。最後にガツンとお腹が大きくなる、とはこの時期のことなのです。

うっかりすると、出産直前にラインが出来てしまうこともあります。お腹が大きくなると、特に下の方は見えませんので、しっかりケアをしておきましょう。
もし、一生懸命お手入れしたのにもかかわらず妊娠線ができてしまったとしても、出産後にオイル等を使ってマッサージを繰り返すことで、ラインを薄くすることは可能です。

1~2年経つ頃にはだいぶ目立たなくなることでしょう。

妊娠線クリーム

ニキビ跡を消す効果がある化粧水

せっかくニキビが治っても、その後にニキビ跡が残ってしまっては意味がありません。
ニキビ跡はニキビの炎症によって傷つけられた肌細胞が、自己防衛機能としてメラニン色素を大量に生成することによって肌が黒ずみ、定着してしまうことによってできます。
一度できてしまうと放置しておいて治るというものではなく、完全に消すためには何らかのケアが必要となります。
そこで今回はニキビ跡の黒ずみ改善に効果のある化粧水でのケアについて解説します。
黒ずみはメラニンが大量に残存しているために起こっているので、改善のためには生成されたメラニンを排出する作用のある美白成分を配合した化粧水が効果的です。
美白成分には様々な種類がありますが、すでにできてしまったメラニンを無色化して排出する作用がある成分の代表として、ビタミンC誘導体があります。
ビタミンC誘導体は美白効果の他に非常に高い抗酸化作用も有していますので、ニキビ跡の改善と同時に肌の炎症を抑え、新たにニキビができるのも防いでくれるため一石二鳥です。
化粧水を朝晩コットン等にとってしっかりとパッティングし、肌に浸透させましょう。
即効性はありませんが、毎日続けることによってニキビ跡が徐々に薄くなってくるはずです。

ニキビ跡 化粧水

ニキビができやすくなる食品とは?

ニキビができやすい食品は、主に糖分や油を多く使用する食べものです。
代表的な食品は、パンやパスタ、ご飯といった炭水化物・ケーキなどのデザート・ポテトチップスなどのお菓子・ジャンクフード・揚げ物・お酒になります。
炭水化物は糖分が多く、その糖分が皮脂へと変わり、ニキビができる原因となります。とくに、パンやパスタはバターや油を使用するので、更に糖分が高くなります。なので、食べるのなら白ご飯を適量に摂取するようにしましょう。
ケーキなどのデザートも同じです。バターや小麦粉・砂糖と多くの糖分が含まれます。こちらも、糖分が皮脂へと変わりニキビの原因になるので食べ過ぎには注意です。
お酒も同じです。沢山の糖分が含まれ、肝臓に負担もかかりやすく体内にストレスを与えるためニキビの原因となります。飲み過ぎに注意し、体内のアルコールを薄めくする為にもお水と一緒に飲むようにしましょう。
最後に揚げ物やジャンクフードですが、これらは中性脂肪を増やし大量の皮脂を分泌します。そのため、毛穴をつまらせニキビの原因となるのです。なので、揚げるより焼く・煮る・炒めるといった調理法にしましょう。
以上の食品の摂取量に気をつけて、綺麗な肌を目指しましょう。

ニキビの治し方

清潔にしていてもできてしまう背中ニキビの原因

背中ニキビは、たいていTゾーンと呼ばれる部分にできることが多いです。
これは顔のTゾーンと同様、皮脂の分泌が盛んな箇所だからです。
そのため皮脂が毛穴に詰まりやすいですから、お風呂に入ったときはしっかりと汚れを落とす必要があります。
体がかたい人は、自分では洗っているつもりでも、十分に手が届かず洗い切れていない可能性も考えられますので、感覚を確かめながら隅々まできれいにするようにします。

このとき注意したいのは、刺激があまり強くない石鹸などでよく泡立てることと、汚れを落としたいからといってゴシゴシ洗いをしないことです。
まず、洗浄力が強すぎると必要な皮脂まで取り除いてしまい、肌の乾燥が進んで過剰な皮脂が分泌されやすくなり毛穴に詰まってしまいます。
また、力を入れてこすってしまうと肌が傷つき、皮膚を保護するバリア機能が乱れやすくなり、細菌が入りこんで炎症が起こり、背中ニキビの発生へとつながっていきます。
これらが、清潔にしていても背中ニキビができてしまう原因です。
自分ではしっかりケアしていると思っていても、実は肌にとっては大きなダメージとなっていたというのが現実なのです。
ニキビから背中を守るため、使用するアイテムを見直すほか、負荷をかけない優しい洗い方を心がけるようにしたいものです。

背中ニキビ 原因

そばかすはなぜできるの?

小さい頃はあまりめだたなかったのに、大人になるにつれ目立ってくると、化粧で隠せる範囲であっても、やはり気になるのがそばかすです。しかし、悩んでいる人の多くのそばかすは小さい頃からあったはずです。それは、30代を過ぎてから目立ってくるシミとは違い、遺伝などによる先天性のものが多いからです。

そばかすとは別名「雀卵班」といい、幼少期に発生し、年齢を重ねるごとに目立つようになってくる5mm以下の色素班のことを言うのですが、年齢を重ねるごとに目立つ原因は基本的には紫外線であり、紫外線を浴びることにより、色素班の部分が他の肌よりも過剰に反応することにより、色素が濃くなってきて目立ってくるのです。あまり良くないイメージのそばかすですが、発症しやすいのは色白の人が多いので、あまり悲観することはないです。
しかし、目立つのはやはり気分がよくないものです。目立つ原因となる紫外線への対策をしっかりとし、そばかすの元となるメラニンを抑制するためにビタミンCを食事で取る、美白効果のある化粧水や美容液を日常的に使用するなどの対策が必要になってきます。また、肌を健康な状態を保つことで、作られた色素が垢として落ちていくので、予防として保湿は大変効果的です。

そばかす 消す

大人ニキビと思春期ニキビの対策法の違い

大人になってからできる大人ニキビと成長過程でできる思春期ニキビでは原因が異なるため、対策法にも違いが出てきます。大人ニキビの場合は、皮脂の過剰分泌だけではなくバリア機能の低下による過角化やターンオーバーの乱れ、ストレス、睡眠不足、生活習慣などの様々な要因が複合的に関わって発生するため、肌の調子を整えるだけでなく生活環境を見直したり、ストレスを溜め込まないようにするなど心身の調子も整えることが必要になります。
思春期ニキビの場合は、第二次成長期の変化として男性ホルモンの分泌量が増加することで皮脂分泌が活発化し、排出しきれずに残った皮脂がつまることでニキビになります。そのため、第二次成長期が終わり、男性ホルモンの分泌が落ち着くことで、ニキビは発生しにくくなるため、ほとんどの場合は、20歳前後までで自然にできなくなります。ただし、炎症をお越しやすくニキビ跡が残る可能性が高いです。

思春期ニキビは、成長に伴って発生することから、根本的な改善策や治療法はなく、飲み薬や塗薬などで悪化を防ぐ対処療法やビタミン剤を服用して皮脂分泌を抑える方法などがあります。

スキンケアもこまめに洗顔して皮脂を洗い流したり、化粧水や保湿剤も皮脂分泌を抑えるタイプを使用します。

大人ニキビ

大人ニキビを改善するために必要なアイテム

思春期ではなく、大人になってからニキビが出来てしまった人はたくさんいるでしょう。大人ニキビを改善させるためには、このアイテムが必要です。いったい、何が必要なのかというと保湿に優れたスキンケア用品です。

そもそもどうして大人ニキビが出来るのかというと、原因は一つではないのですが、思春期ニキビとは違って乾燥していることで肌が炎症を起こしてしまい、ニキビが出来てしまうのです。思春期ニキビの場合は皮脂がたくさん出すぎて炎症を起こしているので、全くメカニズムが違うのです。

だから、保湿がとても重要です。化粧水は、たっぷり付けましょう。ローションパックを毎日するくらいでも良いかもしれません。それくらい保湿に力を入れることが大事だということです。また、皮脂がたくさん出ているわけではなく、むしろ乾燥していますから、乳液やクリームといった油分が入っているものを使ってみましょう。そうすると、乾燥しにくくなります。

同じニキビだと思って、思春期ニキビと同じ対応をしてしまうと、大人ニキビは悪化してしまうこともあります。正しい知識を持って、保湿に力を注ぐことで肌が乾燥しなくなり、徐々に改善していくでしょう。毎日、しっかり保湿を心掛けてください。

大人ニキビ原因

目のクマの種類について

できると表情に疲れて老けた印象を与えてしまう厄介な目のクマ。

実はこの目のクマには3つの種類があります。 まず一つ目は青クマと呼ばれるタイプです。 これは疲労や睡眠不足などが原因となって、目の周りの血流が滞り血管が青っぽく浮き出ることによってできるクマです。 クマの種類としては最も認知されているタイプで、年齢に関係なく血流が悪くなると生じることがあり、また皮膚の薄い人はよりできやすいという特徴があります。

 

もう一つは茶クマです。 茶クマは目の下にメラニン色素が定着してしまって茶色っぽく見えるクマのことです。 メラニンは紫外線や皮膚の摩擦が原因で過剰に生成されますので、日頃から紫外線ケアを怠ったり、目の周りをこする癖がある場合に起こりやすくなります。

またファンデーションなどメイクの残存も茶クマの原因となりますので、毎日しっかりとクレンジングを行って肌をきれいに保つことが予防のためには肝心です。

 

最後は黒クマです。 これは主に加齢が原因で、目の下がたるんだりくぼんだりすることでそれが影になり、黒っぽく見えてしまうために出くるクマです。 加齢による表情筋の筋力低下がたるみを引き起こしますので、毎日顔面トレーニングを習慣づけて、目の周りの筋肉を鍛えることが予防策となります。

目のクマ