目のクマの種類について

できると表情に疲れて老けた印象を与えてしまう厄介な目のクマ。

実はこの目のクマには3つの種類があります。 まず一つ目は青クマと呼ばれるタイプです。 これは疲労や睡眠不足などが原因となって、目の周りの血流が滞り血管が青っぽく浮き出ることによってできるクマです。 クマの種類としては最も認知されているタイプで、年齢に関係なく血流が悪くなると生じることがあり、また皮膚の薄い人はよりできやすいという特徴があります。

 

もう一つは茶クマです。 茶クマは目の下にメラニン色素が定着してしまって茶色っぽく見えるクマのことです。 メラニンは紫外線や皮膚の摩擦が原因で過剰に生成されますので、日頃から紫外線ケアを怠ったり、目の周りをこする癖がある場合に起こりやすくなります。

またファンデーションなどメイクの残存も茶クマの原因となりますので、毎日しっかりとクレンジングを行って肌をきれいに保つことが予防のためには肝心です。

 

最後は黒クマです。 これは主に加齢が原因で、目の下がたるんだりくぼんだりすることでそれが影になり、黒っぽく見えてしまうために出くるクマです。 加齢による表情筋の筋力低下がたるみを引き起こしますので、毎日顔面トレーニングを習慣づけて、目の周りの筋肉を鍛えることが予防策となります。

目のクマ