大人ニキビと思春期ニキビの対策法の違い

大人になってからできる大人ニキビと成長過程でできる思春期ニキビでは原因が異なるため、対策法にも違いが出てきます。大人ニキビの場合は、皮脂の過剰分泌だけではなくバリア機能の低下による過角化やターンオーバーの乱れ、ストレス、睡眠不足、生活習慣などの様々な要因が複合的に関わって発生するため、肌の調子を整えるだけでなく生活環境を見直したり、ストレスを溜め込まないようにするなど心身の調子も整えることが必要になります。
思春期ニキビの場合は、第二次成長期の変化として男性ホルモンの分泌量が増加することで皮脂分泌が活発化し、排出しきれずに残った皮脂がつまることでニキビになります。そのため、第二次成長期が終わり、男性ホルモンの分泌が落ち着くことで、ニキビは発生しにくくなるため、ほとんどの場合は、20歳前後までで自然にできなくなります。ただし、炎症をお越しやすくニキビ跡が残る可能性が高いです。

思春期ニキビは、成長に伴って発生することから、根本的な改善策や治療法はなく、飲み薬や塗薬などで悪化を防ぐ対処療法やビタミン剤を服用して皮脂分泌を抑える方法などがあります。

スキンケアもこまめに洗顔して皮脂を洗い流したり、化粧水や保湿剤も皮脂分泌を抑えるタイプを使用します。

大人ニキビ