ニキビができやすくなる食品とは?

ニキビができやすい食品は、主に糖分や油を多く使用する食べものです。
代表的な食品は、パンやパスタ、ご飯といった炭水化物・ケーキなどのデザート・ポテトチップスなどのお菓子・ジャンクフード・揚げ物・お酒になります。
炭水化物は糖分が多く、その糖分が皮脂へと変わり、ニキビができる原因となります。とくに、パンやパスタはバターや油を使用するので、更に糖分が高くなります。なので、食べるのなら白ご飯を適量に摂取するようにしましょう。
ケーキなどのデザートも同じです。バターや小麦粉・砂糖と多くの糖分が含まれます。こちらも、糖分が皮脂へと変わりニキビの原因になるので食べ過ぎには注意です。
お酒も同じです。沢山の糖分が含まれ、肝臓に負担もかかりやすく体内にストレスを与えるためニキビの原因となります。飲み過ぎに注意し、体内のアルコールを薄めくする為にもお水と一緒に飲むようにしましょう。
最後に揚げ物やジャンクフードですが、これらは中性脂肪を増やし大量の皮脂を分泌します。そのため、毛穴をつまらせニキビの原因となるのです。なので、揚げるより焼く・煮る・炒めるといった調理法にしましょう。
以上の食品の摂取量に気をつけて、綺麗な肌を目指しましょう。

ニキビの治し方